システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

お客様の導入事例

お客様の導入事例

ツールを導入されたユーザーから、弊社やJTAG Technologies社に寄せられた、メッセージをご紹介します。

「JTAGテストで未検査領域を減らし、お客様へ「安心」をご提供!」

アズビル太信株式会社

cr_azbil

アズビル太信株式会社は、長野県北部にあります。ビルなどの空調設備、 工場やプラントの計測制御の大手でもあるアズビルグループの日本国内における生産拠点手の一翼を担っています。 電子会の設計開発~試作~量産の一貫生産を軸に、「安心・快適・達成感」の思想の元、お客様に喜んで頂けるために、 アズビルグループの生産拠点として蓄積したノウハウをいかした不良品を出さないものづくりに取り組んできます。

近年需要が増えているBGA実装に対しアズビル太信では、X線検査機を導入しましたが、オープン不良など判断がつかないものが存在して、不具合流失等が大きな課題となっておりました。そこで、JTAGテストを導入することで、BGA実装における未検査領域を大きく減らす事に成功しました。

JTAGテストは、これらの調査/解析にかかる時間工数の大幅削減を実現することができました。

「高性能・高品質な計測を支える JTAGバウンダリスキャンテスト!」

アンリツ株式会社

cr_anritsu

アンリツ株式会社は、1895年の創業以来、一貫して情報通信の分野で事業を展開し、スマートフォンの急激な普及やLTEに代表される高速モバイル通信サービスの拡大を支える計測ソリューションをグローバルに提供しています。JTAGバウンダリスキャン テストシステムを導入することにより、X線検査では検出することができないハンダ不良やパターン不良を通電試験で確実に見つけることができるようになりました。大規模なFPGAとDDRメモリを組み合わせたシステムは、ファンクションテストでは不良箇所を特定することができず、製造ラインへのフィードバックが困難でした。JTAGテストを採用して、製造品質を改善することができました。

「JTAGバウンダリスキャン・テストによるBGA実装保証を実現」

株式会社沖電気コミュニケーションシステムズ

株式会社沖電気コミュニケーションシステムズは、30年以上の情報通信分野でのモノづくりの歴史で培った設計生産技術と豊富な実績をもとにしたエレクトロニクスの設計・生産受託サービスです。お客様の構想要求仕様に基づき、開発から量産までワンストップでEMSを行っています。高品質、高信頼性、多品種少量生産など、各分野のハイエンド製品に求められるさまざまなニーズに対応することが可能です。JTAGテストを利用することで、BGAの実装不良が発生した箇所をピンレベルで特定することが出来るようになりました。実装不良が発生しているピンに対して、顕微鏡による断面解析を実施した結果、ハンダ付け部分が高温下に長時間さらされた事が実装不良を発生させた原因だったことが判明しました。ハンダレベラーの温度管理を見直すことにより基板の実装品質を改善する事が出来ました。

「JTAGテストで未検査領域を減らし、お客様へ「安心」をご提供!」

コニカミノルタ電子株式会社

cr_konica-212x300

コニカミノルタ電子株式会社様は、事務機器として広く利用されている複合機や 高度な医療機器などのトップメーカーであるコニカミノルタグループの生産会社 として最先端の高密度実装基板や樹脂成形品を生産しています。

15年ほど前からJTAGテストを意欲的に活用され、BGA搭載の高密度基板における 大きな課題であったインサーキット検査の検査率や直行率の低下に対しても、 JTAGテストを採用することにより効果的に解決されました。

また、自動外観検査、ファンクション検査、インサーキット検査の3種の検査間の 重複を、JTAGテストに置き換えることにより無くすことで、高密度実装基板検査の コストダウンを実現しました。

「BGA搭載基板の不良箇所をピンレベルで特定して製造品質を向上!」

サクサテクノ株式会社 生産技術部

サクサテクノ株式会社(山形県 米沢市)は、通信機器の大手であるサクサ株式会社の製品製造を担っています。現在、ビジネスホンやICカードリーダ関連製品を中心とした製造を行っている企業です。生産技術部では、2010年よりBGA搭載基板の故障解析のためJTAGバウンダリスキャンテスト(JTAGテスト)を採用しました。JTAGテストの導入後は、BGAパッケージを多数搭載した高密度なプリント配線板に対しても、十分な品質確保ができます。

「車載機器の品質向上のためにバウンダリスキャンを採用!」

Spansion inc. 社

Spansion Inc.社は、フラッシュメモリおよびマイコン/アナログ・ソリューションに特化した企業です。Spansion Inc.社のフラッシュメモリおよびマイコン/アナログ製品は、携帯電話や車、プリンタ、ネットワーク機器、セットトップボックス、高品位テレビ、ゲーム機、その他家電製品を含む、あらゆる電子機器に使用されています。近年、車載機器向けLSIのBGA部品化が進み、JTAGテストのご要求が増えて来ています。JTAGバウンダリスキャンの機能を検証・評価するため、多くのLSIメーカでJTAG ProVisionが採用されています。この度、Spansion Inc.からも日本国内での技術サポート体制が整っているアンドールシステムサポートに、LSI評価の 協力をご依頼頂きました。

「開発初期の信頼性を向上させたJTAGバウンダリスキャンテスト」

ティアック株式会社 音響機器事業部

「ティアック株式会社」様は、音響機器の開発・販売などを手掛けている企業です。音響機器事業部では、2003年より自社開発の製品のラインにJTAGバウンダリスキャンテストを採用されています。JTAG対応デバイスのパッケージがBGAの場合とDSP(CPU) + RAM + ROMの形態の基板は基本的な配線チェックをJTAGテストで確認してからファームウェア担当者に提供するようにしています。これにより、基板や部品の実装不良による無駄な開発時間を費やすことがなく、開発効率を上げることができています。さらに、量産段階のテストにJTAGテストを取り入れることで、海外の生産工場にて高品質・高信頼度の生産を実現することができました。また、最新版の開発環境ProVisionの使用により、シリアルROMの書き込みやDDRメモリのテストについてのデータ作成時間を数時間に短縮することができました。

「最適な手法で効果を上げる

Philips社 Healthcare部門

フィリップス ヘルスケアはケアサイクルの中でも特に、患者と医療従事者に焦点を当てて健康の増進を目指しています。ケアサイクル全体を通して、革新的で無理のない価格の技術でヘルスケアをより身近なものにしてくれています。フィリップス ヘルスケア シニアエレクトロニクスデザイナーのRob Raaijmakers氏は、次のように語っています。「複雑な電子機器は実装の密度を上げる為に、ボールグリッドアレイ(BGA)や類似のパッケージに依存しています。その為、接続部は本体の下に隠れてしまい、光学検査では見えなくなっています。フィリップスヘルスケアではJTAGテストではんだ付けの質を確認しています。」

「導通確認、テストデータの観察や試作品のデバッグ時間の低減にJTAG Liveを活用」

Tektronix社

検査機器、測定機器、モニター分野での世界トップメーカーであるテクトロニクス社は、JTAG Liveの利用により、設計上の課題を克服し、生産性を向上させ、市場投入までの時間を劇的に短縮しました。テクトロニクス社のエンジニアはIEEE1149.1規格に精通しており、製品の検査にバウンダリスキャンの手法を広く使っています。

「旧世代ソフトウェアに比べ、テスト開発時間を30%短縮できる JTAG ProVision」

GE Fanuc Embedded Systems社

シニアテストエンジニアのLee氏はJTAG ProVisionが世に出る前からJTAG社製品でテストを開発してきた、経験豊かなバウンダリスキャンのユーザーです。Lee氏が取り組んでいる回路板はマルチノード、マルチコアの高速コンピューティングプラットフォームで、軍事用民生品として使われるものです。

「高速かつダイナミックにバウンダリスキャンテストを利用」

GEB Enterprise社

GEB Enterprise社は30年にわたり、プリント基板ボード、ASICやFPGAを統合した回路などのデジタルハードウェア設計に経験を積み重ねてきました。また、関連するファンクションテストやバウンダリスキャンテストのプログラムの開発を行なっています。GEB Enterprise社ゼネラルディレクターのLuciano Gabbani氏は、次のように語っています。「様々な専門分野を持つことにより、バウンダリスキャンの効果を最大限に活用し、ダイナミックな高速テスト でハードウェアを実行することができます。」

「JTAG Technologies社のソフトウェアは他のどの製品よりも強固です」

Teledyne DALSA社

Teledyne DALSA社は最新の高性能デジタル映像や半導体ソリューションの開発で30年の伝統があり、2011年にできた新しい製品の開発販売体制は今までで一番強固なものとなりました。6年前にこの技術を採用する際に、バウンダリスキャンの主要なプロバイダーを全て評価したTeledyne DALSAの検査技術者は次のように語っています。「バウンダリスキャンの主要なプロバイダーを全て評価しましたが、JTAGテクノロジーズ社のソフトウェアは他と比べて堅牢でした。エンジニアリングの段階での対応の幅が広がります。」

「問題箇所をピンポイントで指摘してくれるJTAGバウンダリスキャン」

AimValley社

AimValleyは熱意にあふれた電気通信専門の会社のグループです。ソフトウェア、ハードウェア、ASIC/FPGAの開発を専門とするシステムエンジニアが揃っています。8年にも及ぶユーザーで、現在はJTAGバウンダリスキャンを使って最新の通信用基板の接続不良を検査しています。新製品導入担当のテストエンジニアPeter te Rieleが効果を語ってくれます。

「JTAG Technologies社が光学テストソリューションの開発を支えてくれています」

Megger社

1800年代後期に設立されたMegger社は、予防保守、トラブルシューティング、試運転の電気的検査を行なう検査測定器を設計、製造する会社です。バウンダリスキャン技術の初めてのユーザーであるMegger社は、新しいPortable Appliance Test (PAT)ユニットの製品群の検査にJTAG Technologies社製品を利用しています。イギリス ドーバーのMegger社プロジェクトマネージャーFreddie Chin氏が詳しく語ってくれました。「我々は後わずかで100%収穫できるところまで来ました。これもJTAG Technologies社のツールとアドバイスのお陰です。」

「ハイクラスな技術支援を提供してくれる理想的なパートナー、JTAG Technologies社」

Kitron社

Kitron社はEMS(電子機器受託製造サービス)の会社であり、ノルウェイ、スウェーデン、リトアニア、ドイツ、中国、アメリカで事業を展開しています。1100名の高度な技術をもつエンジニアを有すKitron社は世界中の顧客の要望に答えて、電子回路基板の組立てから完成した商品まで、あらゆる物を製造、提供しています。シニアテスト開発担当のKlaus Thomas Olsen氏が、JTAG Technologies社がどのように伝統的なインサーキットテスト・ファンクションテストの流れから、ファンクションテストの前にバウンダリスキャンを利用する流れに変え、それがどのように生産量の向上と、コスト削減に役立ったかを説明してくれます。

「JTAG Technologies社の認定アプリケーションプロバイダーはJTAGでICTプログラムを強化」

Blue Technology社

イギリス レディングに拠点を置くBlue Technologyは、ATE問題解決と、顧客ニーズに合せたアプリケーションのカスタマイズに長い歴史のある会社です。同社は4年前に商品ラインアッ プにバウンダリスキャンを加えました。コマーシャルマネージャー、Graham Stallard氏が、バウンダリスキャン提供者としてJTAG Technologies社を選択し、世界でもっとも良く目にするIn-Circuit Testの一つテラダイン社のICTシステムと統合した経験を語ってくれます。

「JTAG Technologies社のツールでテスト容易性と基板へのアクセスを向上」

ARRIS社

世界中のCATV事業者へ向けてハードウェアを製造しているARRIS社は、高速通信技術に特化して設計からエンジニアリング、ソリューションまで行なうマーケットリーダーです。高速大容量の音声、映像、データをオペレーターが配信するためのプラットフォームを提供しています。ARRIS社は同 社製高性能Cable Modem Termination System(CMTS)の検査に、JTAG Technologies社製バウンダリスキャンを選びました。テストエンジニア Tom Nolan氏からお話しを伺いました。

「ZoneGateフェムトセルの量産という挑戦を支えるJTAG Technologies社」

Ubiquisys社

ZoneGateフェムトセル製品の設計を始める時に、業界標準のネットワークタイミングプロトコルを厳守する、と決めました。
この野心的なプロジェクトの中でも挑戦を強いられたのはテスト容易化設計と製造段階でのコストダウンでした。設計上の条件を満たし、納期を守る為に、プロジェクトチームをサポートしてくれる、テストシステムのソフトとハードに精通したパートナーが必要でした。
-Ubiquisy社 創立者 技術部長 Pete Keevill氏

「素晴らしい装置と技術力の高いエンジニア」

Exens Development社

エンジニアリングマネージャーのJyrki Keinanen氏は技術者の毎日の仕事を簡潔にし、組み組みシステムの試作やデバッグに費やす時間を短縮する方策を探していました。
「JTAG Technologies フィンランド社と数回話し合った後では、我々の製品開発にバウンダリスキャンを適用すると決めることは簡単でした。」

「JTAGバウンダリスキャンでミッドプレーンの品質を確かなものに」

Alcatel-Lucent社

「バウンダリスキャンの設計を始める前に我々は、42のパドルボードとミッドプレーンが組み合わさった設計に既存のテスト生成ソフトウェアを動作させることが可能だという事をJTAG Technologies社の技術支援グループと確認しました。以前より、マルチボードなどにJTAG Technologies社の製品を使っており、今回のプロジェクトにも採用することにしたのです。JTAG Technologies社と共に働くことで、細かな問題を克服し、この検査案件を成功裏に終了することができました。」
-Bill Philbrook, Senior Test Engineer

「欠陥防止に努める当社にとってJTAGテストの故障診断は生産工程の向上にも役立つ情報をくれます」

Hima Bruhl社

Hima社は1997年からバウンダリスキャンを使っています。複雑なデジタル基板が登場し、それ以前に使っていたツールでは十分な検査範囲を確保出来なくなったからです。
「今の我々の生産能力からいって、バウンダリスキャンなしはありえません。」と、テストエンジニアStefan Thielemann氏は言います。

「防衛、航空宇宙、医療、自動車などの分野に顧客を持つ英国有数のEMS」

Axis Ellectronics社

「我々のビジネスでは、検査の範囲や正確さを犠牲にして速さを追求することはできません。その為、可能な限り自動化できるツールを使うことがとても重要なのです。JTAG Technologies社のツールはプルアップ、プルダウン抵抗の検査などインターコネクトテストを自動で生成してくれます。」
-Jon Westall氏, Principal Test Engineer

「これからもJTAGバウンダリスキャンを使います」

Cessna Aircraft Company社

テストベクタ生成と検査にJTAGバウンダリスキャンを使って手間と費用を節約しています。これまでの検査方法に比べて、JTAGバウンダリスキャンテストは、ずっと簡単になり検査が速くなりました。
- Jens Lukoschat, Electrical Engineer

「4分の1のコストで、カバレッジも向上しました。」

Nortel Networks社

「私達が携わっていた設計はとても複雑なもので、他のバウンダリスキャンメーカーからは複雑なデバイスが傷害になってカバレッジを保証できないと言われていました。」と、エンジニアリングマネージャーNadine Bergeron-Nutt氏。
「でも我々の設計を検証した、JTAG Technologies社のアプリケーションエンジニアは、私達が求めていたカバレッジは見込めると確信していました。」

JTAGテスト

JTAGテスト

お知らせ

PAGETOP