システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

JTAG-ICEとは?

JTAG-ICEとは?

JTAG-ICE(In-Circuit Emulator)とJTAGテスト関係について説明します。

JTAG-ICEが誕生した背景

SoCのプロセッサは交換ができないため、従来使われていたフルICEは利用できません。そこで、プロセッサに、ICEの機能の一部内蔵し、「JTAG」という規格を利用して、 内蔵ICE機能を利用してデバッグを行うJTAG-ICEと呼ばれるツールが一般的になりました。

JTAG-ICEとJTAGテストの関係

JTAG-ICEで活用されている、「JTAG」とは、5本の信号線を利用してデバッグのパケージの影響を受ける事無く、 基板全体の配線を検査するために誕生したJTAGテストの規格を利用しています。

つまり、JTAG-ICEでデバッグできるプロセッサが内蔵された殆どのデバイスでは、BGAパッケージやCSPパッケージであっても、JTAG Technologies社のテストツールを利用してハードウェアに対して、簡単にボードの実装検査ができます。

JTAGテストに対応したデバイスについて

tx03_board

JTAGテストに必要なBSDLファイル提供されるデバイスはJTAGテストに対応したデバイスです。

沢山のデバイスが、JTAGテストにも対応しています。

これらの他にも様々なデバイスをテストした実績がございますが、お客様との機密保持により、 掲載できる一部のデバイスだけを紹介させて頂きます。

詳細につきましては事例紹介のコーナーをご参照ください


注:JTAGのコネクタについて

必ずJTAG-ICEやテストツールをコネクタに挿す前に、お使いになるツールのデーターシートと、接続先の基板の仕様を確認してください。

JTAG-ICEを接続するコネクタの形状や信号線の割り当ては、JTAGの規格では定められていません。

JTAGテストに対応した基板を設計される前には弊社にご相談ください。

※JTAG-ICEでは、デバッグ対象の基板をコントロールするために、JTAGの5本の信号の他に、システム全体にリセットを入れる信号なども追加されいています。

注:フルICEについて

フルICEは、実際プロセッサの代わりに、実装するデバッグ機能を内蔵し、 デバッグ用の信号線が繋がれた装置です。

弊社でも昔はアジレント社(その当時はHewlett-Packard社)のHP6400ワークステーションとセットで扱う、各デバイスに合わせたフルICEの開発と販売を行っていました。

現在では、プロセッサの動作周波数が非常に高く、端子の数も多く、また、SoCには、適用できないため、 現在ではJTAG-ICEのように、デバイス自身に、ICEの機能の一部を内蔵させる方式が一般的です。

JTAGテスト

JTAGテスト

お知らせ

PAGETOP