システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

防衛&航空宇宙産業

防衛 & 航空宇宙への自動テストシステム適用事例

hardware-in-the-loop-test-solutions

防衛や航空宇宙産業は、あらゆる産業のもっとも厳しい条件の電子テストが必要です。テストエンジニアは、厳しいテスト要求に応えるため、最先端のテスト技術を含む複雑なテスト・計測システムを設計しています。

ピカリング インターフェース社は、20年以上にわたり様々な軍事、航空宇宙アプリケーション向けの製品、カスタム スイッチングシステムや機器を設計製造し、テストの課題を理解しています。

ピカリング インターフェース社の航空宇宙向け機能テストとHILS(Hardware-in-the-Loop simulation)向けのPXI、LXI製品は、ロッキード・マーチン社、ボーイング社、ノースロップ・グラマン社、ハネウェル社、TRW社、オービタル・サイエンス社、ロックェル、コリンズ社、BAEシステムズ社、ボール・エアロスペース社、アメリカ航空宇宙局(NASA)、エアバス社など多くの企業で採用されています。

ピカリング インターフェース社の航空宇宙向けのユーザー事例は、当社まで お問合せ ください。


ピカリング インターフェース社のPXI、BRICモジュール、LXIモジュールの「最高密度スイッチング・マトリクス」、「RF 及び 光スイッチング」「RTDシミュレータやプログラマブル抵抗モジュール」製品は、防衛や航空宇宙用のアプリケーションに最適です。 防衛・軍事や航空宇宙産業用に最適化されたモジュールを多数提供しています。

アビオニクス バス

実質的にすべての航空機システムは、1つ以上のシリアル・バス・チャネルを介して機能し、診断およびヒューマン・インタフェースと他のシステムと通信しています。

OmniBusは、単一または複数のプロトコルの多チャンネルをサポートし、PCIおよびPXIの両方の形式でバラードから入手できます。

航空宇宙の負荷管理(Aerospace Load Management)

航空機の電気および電子システムのテストと検証は、多くの場合、ユニットテスト対象(UUT)に高電流負荷の接続が必要です。

ピカリング インターフェース社は、PXIやモジュラーLXIのシャーシに、最大40アンペアの負荷の切り替えをサポートすることができるスイッチングモジュールの広い範囲を提供します。より高い電流要件については、ピカリング インターフェース社のリレードライバ・モジュールは、テストシステムから外部のリレーを制御することを可能にします。

計装マネジメント

射撃統制システム、レーダー、またはアビオニクス機器など、低レベルまたはより高い周波数の信号をテストで必要とする場合、ピカリング インターフェース社の豊富なリレー、 多極マルチプレクサおよびクロスポイントマトリックスは、最大65 GHz、最大1000 VDCおよび帯域幅への電圧をサポートしています。光ファイバの切り替えも可能です。

環境試験

環境室での複雑な航空宇宙システムのテストは、テストのサイクルにわたってUUTの間でデータを制御し、収集するために外部計測/リソースの共有を必要とします。

HILS (Hardware-in-the-Loop Simulation)

コンピュータ上のシミュレーションは製品のリードタイム、開発コストを削減する上で、エンジニアとって重要なツールですが、それだけでは不十分です。

ハードウェアインザループシミュレーション(HILS)は、製品設計の代表的なもので、実際のハードウェアをシミュレーションツールに追加する事ができます。センサ、ソレノイド、電源のエミュレート及び、他のデバイスによって製品のハードウェアを現実に近いシミュレーションする可能とし、異なる条件下での応答について試験することができます。

より多くの開発作業は、市場投入までの時間をスピードアップし、制御システム内のデバッグ時間を短縮すること、製品開発と同時に完了することができます。

ピカリング インターフェース社は、制御システムとインタフェースセンサおよびI/Oデバイスをエミュレートするデバイスを製造しています。リアルタイム・オペレーティング・システムのサポートを使用すると、応答が開発中のハードウェアに可能な限り近いことを確認するための正確かつ予測可能な方法でこれらのデバイスを制御することができることを保証します。

ピカリング インターフェース社は、障害の挿入を実現するデバイスやセンサおよびI/Oソリューションを補完し、適用範囲を拡大する信号調節デバイスも提供しています。

抵抗シミュレーション(Resistor Simulation)

エンジン・マネジメント・ユニット(EMU)テストは、エンジン室と車室内環境センサの多くの抵抗性の性質をシミュレートする能力は重要です。プログラム可能な抵抗/ポテンショメータモジュールは、複数チャネル上で2ミリオーム解像度を実現できます。カスタム抵抗の範囲は、追加料金で入手可能です。

ピカリング インターフェース社は、PXIモジュールで唯一のひずみゲージエミュレータを提供しています。

デジタル I/O

デジタルI / Oモジュールを使用すると、ソレノイドコイルなどの高電流負荷と直接インターフェースできます。

ピカリング インターフェース社のモジュールは完全に損傷を与えることなく、高電流および電圧サージに耐え、障害のある負荷にしても長期的な接続は計装損傷を与えないことを保証する熱保護を含むことができ、出力を保護しています。

ピカリング インターフェース社のデジタル入力は過渡的な入力の状態にから容易に安定した状態を確立できるように調整可能なデュアルスレッショルドを備えています。高入力電圧容量は、一般的に航空宇宙アプリケーションに見られる高電圧電源から作業監視システムのための優れた選択肢となります。

信号の調整

ほとんどのPXI信号/任意波形発生器は、周辺装置をシミュレートする信号を駆動するのに必要な振幅を欠いています。

ピカリング インターフェース社のマルチチャンネルの高電圧アンプ(41-650)、ファンクション・ジェネレータ(41-620)、高電圧アンプ(41-660)は600ボルトまでの波形を入力でき、多くの機器に組み込まれています。

製品開発を加速させるフォルトの再現

新しい安全関連のECUを設計するときは、ECUが良い環境と、障害を引き起こす動作環境の両方でどのように応答するかを確認することが重要です。

ピカリング インターフェース社のフォールト挿入モジュールは、プログラム制御の下で既知の良好な信号に対し、故障を再現した信号を入れる事ができます。これにより認定プログラムを高速化し、再現性のある故障試験を提供します。

RFとマイクロ波

ピカリング インターフェース社のRFおよびマイクロ波のスイッチングソリューションは、300MHzから最大65GHzの周波数までサポートしています。リード・リレーのによる基本的なソリューションから、EMRによる最大3GHz、半導体スイッチによる最大6GHz、マイクロウェーブメカニカルスイッチを使用した最大65GHzのソリューションを提供しています。

また、DCから3GHzの周波数帯域と1dBステップで63dBの減衰深度を実現するプログラマブルアッテネータを提供しています。

アクセサリ

防衛・軍事や航空宇宙テスト用のスイッチングおよび計測モジュールを提供することは十分ではありませんでしたが、被試験デバイスへの投資と迅速かつ効果的な計測方法を必要としています。

ピカリング インターフェース社のPXI、PCIおよびLXIシステム内のモジュールは、コネクタとケーブルアクセサリーを含む包括的な範囲でサポートされています。


お問合せ先

ピカリング インターフェース社の自動テストソリューションにつきましては、弊社までお問合せください。

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

お知らせ

PAGETOP