システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

自動車産業

自動車産業向けソリューション

自動車産業はコンシューマ産業の中で最も過酷なエレクトロニクスのテストが必要です。
オートモーティブの製品には、厳しい振動条件、温度条件の中で、安全で高い信頼性が求められます。
ピカリング インターフェース社の製品は、信頼性を確認するための高品質のテスト環境を低コストで実現できます。

ピカリング インターフェース社は自動車テストの課題を理解しています。

automotive-industry-applicationsピカリング インターフェース社は20年以上に渡り、自動車産業向けにシンプルなボディーコントローラからアクティブ・セーフティ・システム向けに至るまで様々な、汎用的なテストシステムおよび、カスタムのスイッチ システムの設計・製造を行っています。

また、その性能と専門知識から、RW, Yazaki, Delphi, Lear, BMW, Caterpillar, Magneti Marelli, Autoliv, Robert Bosch, Renault, Peugeot, VDO, Blaupunkt, Hella, Valeo, Continental Automotive, Kostal, Johnson Controls, VTI, Stoneridgeなどを含めた大手自動車メーカーでピカリング インターフェース社のPXI製品が自動車のファクショナルテストに導入されています。

ピカリング インターフェース社では、ECU (Electric Control Unit)などの車載用電装部品のテストを容易かつ、高速により信頼性を高める事に最適化した様々なモジュールの開発しています。

バッテリ管理システムのテスト

電気自動車で取り組むべき大きな課題の一つは、モータを動かすために必要な、高容量の電池の状態を管理する、バッテリ管理システム(BMS)の効率的にテストする事です。

ピカリング インターフェース社製のPXI バッテリ シミュレータ モジュール(41-752)を提供しております。

自動車用負荷管理

ボディーコントローラ、ABS、電動パワーステアリングやトランスミッション制御のようなECUのテストでは、試験対象ユニットへの高電流負荷の接続が必要です。

ピカリング インターフェース社製の幅広いレンジのPXIスイッチ カードは、PXIシャーシ内で最大40アンペアまでの負荷をスイッチングできます。PXIシャーシでは容易に扱えない高電流向けにリレードライバーモジュール(40-410, 40-411, 40-412)が提供されています。また、LXIマトリクス(モデル60-600)は最大64チャンネルにわたって10アンペアの切り替えができます。

計装マネジメント

ピカリング インターフェース社製の、低周波オーディオチャンネルをテストするために必要な、各アプリケーションに対処する信号スイッチングモジュールを提供しています。SPSTリレー、多極マルチプレクサ、またはクロスポイントマトリックスを提供しています。1000VDCまでの電圧や最大65GHzまでの帯域幅まで使用可能な製品も提供しています。さらに、光ファイバ用スイッチも提供しています。

スイッチ シミュレーション

ボディーコントローラの重要なテストは、接点に汚れが発生したスイッチからの入力に対し、適切に応答できるか確認することです。

ピカリング インターフェース社のスイッチシミュレーションモジュール(40-480)は、接点が汚れた自動車のスイッチの動作をシミュレートするように設計されてま す。自動車用I/Oデバイスは、各モジュールは32チャンネルまでサポートでき、悪条件の下での動作をテストすることができます。

環境試験

環境室での複数のECUのテストは、テストのサイクルにわたってのECUからデータを刺激し、収集するために、外部機器やリソースの共有を必要とします。

ピカリング インターフェース社の高密度スイッチング・マトリクス BRICモジュールは、8つのPXIスロットで4,400クロスポイントを超える構成(最大552×8または1104×4)を提供することができます。

BRICのIVI準拠のドライバはNational Instruments社のSwitch Executiveソフトウェアパッケージに簡単に統合する事ができます。
PXIシャーシの外で動作するマトリクスを必要とされる場合は、同様の機能を持ちイーサネット接続を介して操作できるLXIマトリクス(60-55X)をお勧め致します。

センサーエミュレーション

エンジン管理ユニット(EMU)のテストのためには、エンジン室と車室内の環境センサーの多くの抵抗をシミュレートする機能が重要です。

ピカリング インターフェース社の分解能2mΩの複数チャネルのプログラマブル抵抗を、PXIモジュールとPCIカードの両方の形式で提供しています。
また、追加料金で抵抗範囲のカスタム品を提供できます。 また、セーフティ関連のECUにひずみゲージのテストを組み込む事ができるシミュレータを、PXIモジュールとPCIカードの両方の形式で提供しています。こちらの製品はピカリング インターフェース社独自のソリューションです。

信号の調整

多くのPXI機器は、ECUのテストに要求される範囲の信号の出力やデータの取得はできません。
例えば、カムシャフトやABSホイルセンサが受け取る、点火プラグコイルの放電による一次信号の入力をシミュレートするためには、任意波形発生器では、必要な出力を発生させることができません。

高電圧アンプ(41-650)は複数チャネルで、アンプのゲインを選択する事ができます。
ピカリング インターフェース社の任意波形発生器(41-620)を含めた様々な製品と組合わせて利用する事ができます。
高電圧アテネータ(41-660)は、最大600ボルトの波形まで受け付ける選択可能な入力範囲を備えています。

ECUのテスト

単純なボディーコントローラのECUから略全てのECUはその機能や、故障診断および、情報の提示のため、様々なチェネルを介し別のECUと通信を行います。 ECU間の通信に使われるプロトコルは、標準的なものから、車両メーカーの要件に基づいたものまで、多岐に渡ります。

ピカリング インターフェース社製の自動車のプロトコル通信に対応した、PXIモジュール(41-500)を提供しています。

製品開発を加速させる障害の再現

新しい安全関連のECUを設計するときは、ECUが良い環境と、障害のある職場環境の両方でどのように応答するかを確認することが重要です。
ピカリング インターフェース社の障害挿入モジュールは、既知の良好な信号条件でのテストと故障信号をプログラム制御でバスラインに切り替えて繋ぐことができます。これにより認定プログラムを高速化し、再現性のある故障試験を提供します。


お問合せ先

ピカリング インターフェース社の自動車産業向けソリューションにつきましては、弊社までお問合せください。

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

お知らせ

PAGETOP