システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

HILテスト

HIL (Hardware-in-the-Loop)とフォルトインサーション・テストとセンサエミュレーション用のPXIソリューション

fault-insertion-programmable-resistors

ピカリング インターフェース社は、自動車や航空宇宙産業は、最も過酷な電子テスト要件があります。25年以上にわたり、自動車、航空宇宙、エレクトロニクスのテストと検証を支援するために、多様な機能テストとハードウェアインザループシミュレーションアプリケーションの広い範囲のため、商用およびカスタムスイッチングシステムや機器を設計・製造しています。

フォルトインサーション テスト (Fault Insertion Testing)

システムへの電気的故障の再現 – このテストプロセスは、一般的にあるため、腐食、オープン/ショート回路や経年変化、損傷あるいは故障を含めた、他の電気的な故障が原因で発生する可能性があるさまざまな条件を再現します。

センサ エミュレーション

ECUをテストするために使用されるハードウェアインザループシステムは、ECUが正確にそれが現実世界と同じよう、テストベンチに振る舞うことを確認するためにできるだけ正確にこれらのセンサの動作をシミュレートする必要があります。 テスト・システムの設計者が目標達成することを支援するために開発されたPXIプログラマブル抵抗モジュールを提供しています。

ECUのフォールトの原因は?

電子制御ユニット(ECU)は、今日の自動車や航空宇宙産業において必ず使用されています。 システム故障などの緊急状態の下で、適切な方法で動作するECUは生命や財産などを脅威から守ります。 ECUは、最も高い信頼性が要求さセーフティクリティカルなアプリケーションで使用されている。 これらの要求を無条件に満たされている保証することは、テスト手順やドキュメントに多大な投資を必要とします。 ECUが管理しているデバイスをどのように処理するかを決定するため、センサーとコントローラのセットからの情報に依存しています。 これらのセンサは、多くの場合、ECUと相互接続され、非常に過酷な環境(例えば、車やジェットエンジン)で動作しています。 ECUは、これらのコンポーネントの障害にだけでなく、本物のシステム障害に適切に対応する必要があります。 ジェットエンジンは、障害を感知した場合にシャットダウンする必要がありますが、センサ故障があることが明確である場合には、シャットダウンはしません。

過酷な環境で動作するECUのもう一つの例は、自動車のパワートレインコントロールモジュール(PCM)です。 PCMは、現代の車の中で最も複雑なコントローラの一つであるため、その機能性の厳格なテストを必要とします。 PCMのフォールトにおいて、X-by-Wireアプリケーション(ブレーキング、ステアリングなどの機械や油圧システムを介して、車両の電子システムのタスク)の試験は重要性が増しています。 ピカリング インターフェース社は、これらのフォールト挿入スイッチとセンサシミュレーション製品など、サポートする製品を幅広く提供しています。

スイッチ シミュレーション

自動車ECUの重要なテストは、入力が汚れていると正常開/閉抵抗を提示しないスイッチに応答するかどうかを確認することです。 ピカリング インターフェース社のモジュールは、汚れたコンタクトまたは漏れ電流がスイッチ汚染が期待できる自動車のスイッチの動作をシミュレートするように設計されています。

これは、自動車の入力/出力(I / O)デバイスは、不利な条件の下で正しく動作するためにテストされることを可能にします。

ロード・マネージメント(Load Management)

電気および電子システムのテストと検証は、多くの場合、ユニットテスト対象(UUT)への高電流負荷の接続が必要です。 ピカリング インターフェース社は、PXIシャーシ内のスイッチング最大40アンペアの負荷をサポートすることができるスイッチモジュールの広い範囲を提供します。 より高い電流要件については、ピカリング インターフェース社のリレードライバモジュール、テストシステムは、外部のリレーを制御することを可能にします。

デジタル I/O

ピカリング インターフェース社のデジタルI/Oモジュールを使用すると、ソレノイドコイルなどの高電流負荷と直接インタフェースすることができます。 これらのモジュールは、完全に損傷を与えることなく、サージ、高電流と電圧に耐えることができる出力を保護し、熱保護などが、障害のある負荷にしても長期的な接続は計装損傷を与えないことを保証しています。 デジタル入力はデジタル入力が過渡的な状態または予測できない状態にある場合には、状態を容易に確立できるように調整可能なデュアル・スレッショルドを備えています。 高い入力電圧容量は、航空宇宙アプリケーションに見られる高電圧電源から作業監視システムのための優れた選択肢となります。

コミュニケーション プロトコル

ECUは一つ以上のシリアル・バス・チャネルを介して機能性、診断およびヒューマン・インタフェースのための他のシステムコンポーネントと通信します。

ピカリング インターフェース社は、最高レベルの柔軟性とパワーを持つアビオニクス・データバスインターフェイス製品ファミリを提供し、業界の専門家のとパートナーであるBallard Technology社と提携しています。 これらのモジュールは、単一または複数のプロトコルの多チャンネルをサポートしています。

さらに、自動車用通信モジュールは、10のCANチャンネルだけでなく、他の自動車のプロトコルと物理層のインターフェイスをサポートすることができます。

シグナル・コンディショニング

ほとんどのPXI信号/任意波形発生器は、周辺装置をシミュレートする信号を駆動するのに必要な振幅を欠いています。 典型的には、追加の回路は、機器の出 力を増幅するためにテスト・フィクスに付加される必要があります。 ピカリング インターフェース社のマルチチャンネル、ゲイン選択可能なアンプは、関数発生器を含む多くの機 器を扱うことができます。 アッテネータ・モジュールは、600ボルトの波形まで受け入れる選択可能な入力範囲を備えています。

RFとマイクロ波

ピカリング インターフェース社は、300MHzの高密度モジュールから高性能3GHzのマルチプレクサ、半導体スイッチや、最大65GHz対応するマイクロ波スイッチを利用した高周波スイッチング製品の広範な範囲をPXIのソリューションを提供しています。 また、1dBステップでの63dBの減衰深度とDCから3GHzの周波数帯域に対応したプログラマブルアッテネータを提供しています。

環境試験

環境室での複雑なシステムのテストは、テストのサイクルにわたってのUUTからデータを刺激し、収集するために外部計測/リソースを共有する必要があります。 BRIC高密度スイッチマトリックスモジュールは、552×8および×4 1104までの構成は、8つのPXIスロットに4,400クロスオーバーポイントを提供することができます。

ケーブルとコネクタソリューション

ピカリング・インタフェース社は、スイッチングおよび計測モジュールを提供することのみでは十分ではないことを理解しています。 ユーザーは、被試験デバイスに迅速かつ効果的に接続する方法を提供する必要があります。 ピカリング インターフェース社のPXIおよびLXIファミリのモジュールは、コネクタとケーブルアクセサリにより包括的にサポートされます。


お問合せ先

ピカリング インターフェース社のHILテスト ソリューションにつきましては、弊社までお問合せください。

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

お知らせ

PAGETOP