システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

ETロボコン

アンドールシステムサポートのETロボコンへの取り組み

アンドールシステムサポートでは、2017年から参加チーム名「アンドールよろこん部」として、ETロボコンのデベロッパー部門 プライマリークラスに参加しています。
今年も、挑戦します。

2018年の目標は、「チャンピオンシップ大会」への出場です。

2018年の活動概要

ETロボコンフェスタ2018で、優秀な成績を残す事ができました。

参加イベント:
ETロボコンフェスタ
開催日:
2018年7月14日~15日
開催地:
市民フロア センタープラザ(そごう横浜9階)
参加部門:
EV3Way-ET
成績:
ゼロヨン最速王 (2018年7月14日)
タイム:
7秒60

2017年の活動概要

ETロボコン初エントリー

EV3way-ETの組立中

競技で使われるロボットをマニュアルを見ながら組み立てます。

社内でのテスト風景

会場の風景

初出場ながら、ETロボコン2017FCT杯で、優秀な成績を残す事ができました。

参加大会:
FCT技術展 ETロボコン2017 第14回 FCT杯
参加部門:
デベロッパー部門
参加クラス:
プライマリークラス
成績:
準優勝

ETロボコンとは

ETロボコン(Embedded Technology Software Design Robot Contest)は、
ETロボコン組込み技術者の教育の機会の提供を目的に開催される、ソフトウェア設計を競う大会です。
2002年から2004年まではUMLロボコンの名称で、開催されていました。
2005年からはETロボコンの名称で開催されています。

一般的なロボコンとの違い

ロボコンというとロボットの出来栄えを競う大会というイメージがありますが、
ETロボコンでは、ロボットをコントロールするソフトウェアの設計で競う大会です。詳細は、下記のリンクを参照してください。


(外部サイトを開きます。)
PAGETOP