システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

コントローラ:JT37x7 TSI シリーズ

JT37x7/TSI シリーズ(QuadPod付属)

JT37x7/TSIは、JTAG ProVisionからお客様の基板に対し、JTAGテストやFlashの書き込み(※)を行うことができるイーサーネット接続にも対応した高機能なJTAGコントローラです。

※Flashの書き込みは、JT3717/TSI , JT3727/TSI のみ対応。

JTAG_199_quadpodJT37x7/TSIには、QuadPod標準セットが同梱されています。

JT37x7/TSI シリーズ

JT3707/TSI

  • テストのみ

※Flash書込み用モジュールを追加することによりFlash書込み可。
JT3717/TSI(64Mbit FlashメモリISP対応)
JT3727/TSI(128Mbit FlashメモリISP対応)

JT3717/TSI (64Mbit FlashメモリISP対応)

  • Flash書込み用モジュール(JT2108)を標準で搭載
  • イメージメモリサイズ:64Mbit
  • JT3707/TSI + JT2108 = JT3717/TSI

JT3727/TSI (128Mbit FlashメモリISP対応)

  • Flash書込み用モジュール(JT2116)を標準で搭載
  • イメージメモリサイズ:128Mbit
  • JT3717/TSI + JT2116 = JT3727/TSI

JT37x7/TSI 詳細

コントローラ インターフェース

PCとの接続方法は下記の3つのシリアルインターフェンスから選べます。

  • USBポート
  • Ethernet
  • IEEE1394

アクセス ポート数

  • ポート数:x4
  • 同時に4つのスキャン・チェーンに接続可能
  • 1TAP構成の基板を4枚同時にテスト可能
  • Digital I/O Scanモジュールの接続にも利用できます。
  • TAP電圧の個別指定が可能

アクセス ポート対応電圧

  • TAP電圧は1.5V~3.6Vまで0.1V刻みでプログラム可能

※オプションでPODをIntel社製デバイス向け低電圧Podと交換する事で、より低電圧やintel社製デバイスに対応可能です。

アクセス ポートの最大TCK周波数

  • MAX TCK :40MHz

JT37x7/TSI シリーズ付属のQuadPod 標準セット

JTAG_199_quadpodQuadPod標準セットは、uadPod Transceiverと4個のJT2149 TapPodをセットにした、JTAGテストコントローラ JT37x7シリーズ に付属している製品です。
TapPodを別の機能を持ったオプションの製品の交換できまます。
オプションの延長ケーブルも利用できます。

セット内容

  • JT2148 QuadPod Transceiver x1
  • JT2149 TapPod x4

QuadPod System 別売りオプション

JT2149/DAF
[Digital I/O Scan対応Pod]

jt2149daf_mini

JT2149/DAFは、周波数やアナログ電圧を図ることのできるデジタル/アナログのI/Oチャンネルを持つ製品です。

QuadPodのPODの1つと差し替えることで電圧値と周波数を測定することができます。

JT2149/eMPV
[Intel社製デバイス向け低電圧Pod]

jt2149empv

JT2149/eMPV は、高性能なPODです。

Intelの1.05V系デバイスを動作させるためには、QuadPodのPODと低電圧対応であるJT2149/eMPVを差し替えることで対応可能です。

PF2137/47
[QuadPod用延長ケーブル]

jt37x7pod_mini

PF2137/47は、QuadPod本体とTapPodの間を信号品質を保ったまま、1m延長でる4本セットのオプションケーブルです。

QuadPodd本体とTapPodの間を大きく離す事ができる為、検査対象の基板に対し楽にTAPケーブルを接続できます。

JTAGテスト

お知らせ

PAGETOP