システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

DDR4メモリ解析プローブ

バス解析プローブ

最新のDDR4メモリに対応する最先端のメモリ解析ソリューション

DDR4メモリ解析プローブは、ロジックアナライザと組み合わせて複雑かつ高速なメモリのデバッグ、プロトコル検証、タイミング解析を加速するソリューションです。製品は、プローブ用のハードウェアとロジックアナライザ用の設定ファイル、DDR4デコードソフトウェアが付属しているため、すぐに測定、検証、デバッグ環境が整います。

製品の特徴

  • DDR4 2133 DIMM / DDR4 1867 SO-DIMMのプロトコル・タイミング解析ができます。
  • キーサイト製ロジックアナライザとDDR4メモリスロットとの接続が容易に出来ます。
  • DDR4 DIMMモジュール(284pin)、DDR4 SO-DIMMモジュール(204pin)に対応します。
  • DDR4 バーストサイズ 2、4、8に対応したデコードソフトウェアが付属します。
  • パッシブプローブのため、システムへの影響を最小限にした測定が出来ます。

次世代DDRメモリをサポートする高いプロービング技術とデコード技術

1.メモリスロットから直接プロービング

マザーボード上のメモリスロットとメモリモジュールの間にDDR解析プローブ(インターポーザ)を接続するだけで、ロジックアナライザを活用して、簡単にメモリを測定出来ます。テスト用のメモリスロットは不要です。

2.世界最速のメモリをプロービングできる高い品質

FuturePlus Systems社の優れたプロービング技術によりDDR4 2400 (クロック周波数 1.2GHz)の信号をシステム動作に影響を与えることなくプロービングできます。

3.すぐれた解析ツールにより解析・検証を加速します!

キーサイト・テクノロジー社製 ロジックアナライザにアドオンすることにより、DDRメモリ専用の解析ツールとしてお使い頂ける製品です。DDR4 2400の高速DDRメモリバスにも対応できるプローブとロジックアナライザ用のプロトコル・デコードソフトウェアにより、メモリアクセスを可視化できます。

DDRメモリへのアクセスは、JEDEC規格により定められたプロトコルとアクセスタイミングに準拠する必要がありますが、DDR4メモリ解析プローブとロジックアナライザを組み合わせることにより、JEDEC規格のコンプライアンステストができます。

かんたんにプロービング!

DIMMタイプ、SO-DIMMタイプに対応!

ロジックアナライザを拡張できます!

キーサイト・テクノロジー株式会社 ロジックアナライザ U4154Aに対応!

DDR4 メモリ測定構成例

DDR4 メモリ測定・解析・検証

プロトコルデコード結果

タイミング測定結果

全信号同時 EYEパターン解析結果(EYE SCAN)

パフォーマンス解析(オプション)

JEDECプロトコルチェッカ(オプション)

トリガ設定ツール(キーサイト社 オプション)

DDR4 メモリ解析プローブ 製品構成

DDR4 DIMMモジュール用インターポーザ

FS2501 DDR4 2400 DIMM解析プローブ

DDR4 SO-DIMM用インターポーザ

FS2502 DDR4 1800 SO-DIMM解析プローブ

付属品
ロジックアナライザ用 コンフィグレーションファイル(メモリ全信号を設定済み)
ロジックアナライザ用 DDR4プロトコルデコードソフトウェア
ドキュメントCD-ROM

お問合せ先

対応ロジックアナライザについては弊社までお問合せください。
お問合せフォーム

関連リンク

バス解析プローブ製品は、米国 FuturePlus Systems社 の製品です。

ホームページ:http://www.futureplus.com
ロジックアナライザ製品は、キーサイト・テクノロジー株式会社 の製品です。
ホームページ:http://www.keysight.com/main/home.jspx
JEDEC規格は、DDRメモリなどの半導体を標準化する JEDEC半導体技術協会 で定められたメモリ規格です。
ホームページ:http://www.jedec.org/
PAGETOP