システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

Web セミナー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img-pxi-and-lxi-learning-center-1024x267.png

PXI&LXI自動テスト・ラーニングセンターでは、COTS(Commercial off-the-shelf:商用既製品)として、海外の自動テストの世界で広く使用されているPXI/LXIを利用した自動テストの基礎から応用まで、初心者の方にもわかりやすく解説するセミナーをご用意いたしました。
開発、製造検査などの場面で、従来の手作業を自動化に使われるPXI/LXIを活用するためのノウハウをオンラインセミナーで解説します。

PXI&LXI自動テスト オンラインライブ <新コース>

セミナー時間:60分

入門コース ①

電子機器の自動テスト入門セミナー
-電子機器のテスト検証の効率化-

2022年 10月14日(金) 14:00~15:00

電子機器のハードウェア開発とソフトウェア開発の現場では、「手作業」による計測とテストが行われています。日本は欧州、中国などの海外と比べて、テストの自動化が遅れていることが課題になっています。
本セミナーでは、手作業によるテストと検証作業を「自動化」する方法をご紹介します。

  • 手作業と内製したテスト環境の課題
  • 自動テスト環境を構築するCOTSとは
  • ソフトウェア開発を効率化するデバッグの自動化
  • ハードウェア検証と安全性能のテストを自動化
  • 自動テスト環境を考える5つのステップ

オンラインライブ PXI&LXI自動テスト トレーニング

セミナー時間:90分

基礎コース①

スイッチモジュール活用セミナー

-手作業のテストと計測を自動化-

2022年10月21日
14:00~15:30

IoT機器を手作業でテストした場合、時間がかかり、再現性のないテスト結果となることが課題になります。 本セミナーでは、テストと計測の自動化に利用できる様々なPXIスイッチやLXIスイッチのソリューションをご紹介します。

  • スイッチの制御方法
  • スイッチを選択する際のヒント
  • マルチプレクサの活用例
  • マトリクス・スイッチの活用例
  • スイッチを選ぶときの注意点

セミナー時間:60分

基礎コース②

センサーシミュレーション活用セミナー

-開発の効率化とテスト自動化-

2022年10月28日
14:00~15:00

IoTの進歩により、センサーの需要がますます高まっています。製品開発期間の短縮が求められ、センサーを含めた評価に時間をかけられなくなっているのではないでしょうか? 本セミナーでは、プログラム抵抗を使用したセンサーシミュレーションの使い方のコツと事例をご紹介します。

  • センサーの市場動向
  • センサシミュレーションの種類
  • プログラム抵抗について
  • プログラム抵抗の選択時に検討するべき項目
  • プログラム抵抗の活用事例

セミナー時間:60分

実践コース①

ケーブルデザインツール活用セミナー

-ケーブルの製作を効率化-

2022年11月11日
14:00~15:00

システム構築時のケーブル製作は、コネクタ部品の入手が困難になりお困りではないでしょうか? 本セミナーでは、PXI/LXIモジュール製品と被検査対象の接続に必要となるケーブル・コネクタの説明と、カスタマイズ・ケーブルの製作に有効なケーブルデザインツール(Cable Design Tool)をご紹介します。

  • PXI/LXI製品の接続方法
  • 標準ケーブル・コネクタ製品
  • カスタマイズケーブルとCDT
  • ケーブル設計のための基礎知識
  • CDTの操作方法

オンデマンド ウェビナー

これまで開催してきたWebセミナーの中から、ご好評を頂いたセミナーをオンデマンドで公開しています。

お申込頂いた方には、全ウェビナーの視聴用URLとパスワードをお送りします。

セミナー時間:40分

入門コース

電子機器のテストを自動化する
PXI / LXI 入門 Webセミナー

1. 手作業の課題とPXIとLXIによる自動化
2. スイッチによる自動化
3. 疑似センサによる自動化手法

セミナー時間:55分

成功事例

電子機器の自動テスト成功事例 Webセミナー

1. テスト環境の無駄を削減する「COTS」とは
2. センサーシミュレータによるコスト削減
3. テスト自動化による製品の信頼性向上

セミナー時間:40分

入門コース

テレワークにも使える!
電子機器の開発とデバッグの遠隔操作入門 Webセミナー

1. テレワークで抱える開発時の課題と遠隔操作
2. テレワークに対応する開発環境
3. 遠隔操作による測定とリモート操作

PXI/LXI自動テストシステム

PXI/LXI自動テストシステム

お知らせ

PAGETOP