システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

PXI LVDT RVDTレゾルバ シミュレータ

PXI LVDT/RVDT/レゾルバ シミュレータ モジュール

PXI-RVDT-LVDT-Resolver-Simulator
  • 最大4チャンネルの5/6線式LVDT / RVDTまたはレゾルバ、または8チャンネルの4線式LVDT / RVDTシミュレーション
  • 入力および出力絶縁トランス
  • 各入力周波数と振幅の測定と表示
  • 広い動作周波数帯域
  • 外部または内部の興奮
  • 各チャネルへの独立または共有励起信号
  • プログラム可能な位相遅延
  • 入力と出力の開回路と短絡シミュレーション
  • ソフトフロントパネルを含むWindows用に提供されるVISA、IVI、およびカーネルドライバ
  • PXIまたはLXI Ethernetシャーシでサポート
  • カスタマイズ可能 3年間の保証

PXI LVDT、RVDT、レゾルバ シミュレータ モジュール 概要

高性能、高密度のLVDT、RVDT、レゾルバ(回転角センサー) シミュレータ モジュールは、テストの柔軟性を高め、コストを削減します。
このモジュールは、LVDT(線形可変差動変圧器)、RVDT(回転可変差動変圧器)、またはレゾルバのいずれかを使用してモーションや位置を測定するDUT(テスト対象デバイス)の実行に使用できる信号を生成するアクティブ回路を備えています。

41-670は、線形(LVDT)タイプと回転(RVDT)タイプの両方の可変差動変圧器(VDT)、およびレゾルバのシミュレーションに最適です。最大4つのバンクで利用可能で、各バンクは、共有励起信号を利用して、単一の5線式または6線式VDTまたはレゾルバ、またはデュアル4線式の出力をシミュレートできます。これにより、モジュールは5または6線の最大4チャネル、または4線の8チャネルをシミュレートできます。

各VDTバンクには、独立した励起入力と、内部で生成された励起信号を使用する機能があります。このモジュールは、単一の入力を受け取り、すべてのバンクに分散することもできるため、ソースの負荷を軽減し、ケーブル接続を容易にします。変圧器を使用しているため、各入力と出力は電気的に絶縁されています。

LVDT、RVDT、レゾルバ シミュレータ モジュールは、標準で300Hz〜20kHzの広帯域の励起周波数用に設計されており、最大38Vの入力電圧と最大32Vの出力電圧も提供します。各励起入力周波数と振幅は、個別に読み戻すこともできます。

入力信号と出力信号の間の位相関係は、1サイクル遅れるように自動的に調整されます。これは、位相遅延を打ち消すことができることを意味します。これが受け入れられないアプリケーションでは、出力の1つを使用して入力信号を伝搬し、出力と同相信号を生成して、復調に使用できます。

内蔵リレーを追加することで、41-670は各チャネルの入力と出力に短絡または開回路を提供することもでき、障害挿入要件のための外部スイッチングの必要性を減らします。プログラム可能な位相遅延は、不完全なセンサーとケーブル接続をシミュレートし、単一または複数の出力を人為的にオフセットするためにも使用できます。

出力振幅は、いくつかのオプションを使用してプログラムされます。これらには、5/6ワイヤで動作する場合のVsumとVdiff、変位率、および独立した電圧出力が含まれます。Vsumは、絶対値として、または入力振幅を基準にして設定できます。位相関係は、プログラム可能な伝搬遅延を介して制御されます。さらに、モジュールはアクチュエータの応答でプログラムできます。つまり、ある位置から次の位置に直接移動するのではなく、ユーザーが定義した一定の速度でモジュールを変更できます。

LVDT、 RVDT、レゾルバについて

LVDTについて
線形可変差動変圧器(Liner Variable Differential Transfomer)は、線形変位を測定するための電気変圧器センサーです。LVDTは、AC励起源によって駆動され、コアの機械的位置(変位)に応じて変調されたAC出力信号のペアを生成します。LVDTは、パワータービン、油圧、自動化、航空機、衛星、原子炉などのアプリケーションで広く使用されています。これらのトランスデューサは、ヒステリシスが低く、再現性に優れています。

RVDTについて
回転可変差動変圧器(Rotary Variable Differential Transformer)は、角変位の測定に使用される電気変圧器の一種です。トランスには外力で回転できるローターが付いています。変圧器は、ローターシャフトの角変位に比例した交流(AC)電圧を出力する電気機械変換器として機能します。

レゾルバについて
レゾルバ(Resolver)はRVDTと同様に機能します。違いは、RVDTの一次コイルと二次コイルが固定子の一部であるということです。ローテーターがプライマリです。レゾルバの主な利点は、精度の向上と360度の完全な動きです。RVDTは通常+/- 90度です。

PXI LVDT/RVDT/レゾルバ シミュレータ モジュール 製品

以下に、モジュールの範囲の一部を示します。150の異なる構成が利用可能です。データシートを参照してアプリケーションの構成を指定するか、お気軽にお問い合わせください。PXIeバージョンはご要望に応じてご利用いただけます。

型番をクリックすると英国ピカリング社のページを開きます。

PXI レゾルバ・シミュレータ・モジュール
バンク数 スロット数 型番
2 1 41-670-203-AABBCC
4 41-670-201-AABBCC
PXI LVDT/RVDT シミュレータ・モジュール
バンク数 スロット数 型番
2 1 41-670-103-AABBCC
4 41-670-101-AABBCC
PXI LVDT/RVDT/リゾルバ・シミュレータ・モジュール
バンク数 スロット数 型番
2 1 41-670-003-AABBCC
4 41-670-001-AABBCC

型番のAABBCCについて :
AAには、入力電圧の範囲のコードが入ります。
BBは予約です=00
CCは出力電圧範囲のコードが入ります。
詳細につきましては弊社まで、お問い合わせ頂くか、ピカリング インターフェース社のデーターシートをご参照ください。

PXI/LXI自動テストシステム

PXI/LXI自動テストシステム

お知らせ

PAGETOP