システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

Arm DS

Arm DS Logo

Arm Development Studio

DS SS

Arm DSは、Arm社のプロセッサーが実装された主要な全てのSoCおよびASICや小規模なマイコン向けにも御利用可能なソフトウェア開発ツールです。
マルチコア構成およびヘテロジニアスな構成のシステムに対しても、効果的な開発を実現します。

また、5000種類を超えるマイコンにも対応し、小規模なマイクロコントローラ向けの開発ツールとして定評のあるμVisionと呼ばれる統合開発環境が利用できるArm Keil MDKも付属します。

Keil MDKのIDE μVisionで作成したプロジェクトはArm DSにインポートできます。

セミナー MDKについて   Arm DSの御見積 評価ライセンスの発行   お問合せ

5,000種類を超えるマイクロコントローラデバイスの開発を容易にします

Arm DSではCMSIS Software Packにより容易に既存のデバイスに対するソフトウェア開発の手間を大幅に削減します。
CMSIS(Cortex Microcontroller Software Interface Standard)はCortexマイクロコントローラ向けのソフトウェア・インターフェース規格です。

CMSIS Pack DS

組込み開発で一般的に必要となるスタート・アップ・プログラム等も含めて、提供されているため、CMSIS Software Packが提供されるデバイスであれば、ソフトウェアの再利用が容易になります。CMSIS Packの対応状況はArm DSやKeil MDK付属のツール上と、Webからも確認することができます。

CMSIS対応デバイスの詳細について

主要な全てのArmプロセッサに対応

Arm社が提供する最新のプロッサをいち早く対応します。
Arm DS Editionの詳細比較表 お問合せ

Arm Development StudioのEdition GoldSliverBronze
Arm プロセッサの対応
Cortex-A/R Armv8 *
Cortex-A Armv8 (一部のコアのみ) **
Cortex-A/R Armv7 *
Cortex-M Armv6/7/8
以前のArmアーキテクチャ
付属するKeil MDKのエディション Professional Professional Essential
ミドルウェア
CMSIS-RTOS RTXとソース・コード

●: 対応

-: なし

*: コンパイルは出来ませんが以下の機能に対応します
   デバッガ / パフェーマンス・アナライザ / FVP(バーチャル・プラットフォーム) /
   Mali Graphicsデバッガ

対応するデバッグアダプタ

Fixed Virtual Platform (FVP)は、実際の評価ボードの代わりにデバイスに実装されたペリフェラルも含めてエミュレーションを実現します。
Arm DSには複数のプロセッサ用のFVPのモデルが含まれています。

本ページに掲載されている内容は、2018年11月末現在の情報に基づいて記載されております。ツールの改良のため、デバイスのサポート状況などの内容が変更される事があります事をご了承ください。
Arm DSの御見積 Arm DSの御評価  お問い合わせはこちらから

PAGETOP