システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

JTAG デザイン・ソリューション

JTAG Design solutions

ボードを簡単にデバッグするためのソリューション、JTAGエミュレーションテストソフトウェアから、完全なJTAGバウンダリスキャン統合開発環境(IDE)まで、幅広い設計ソリューション(JTAGデバッグツール)を提供しています。

新製品の設計は、できるだけ早く生産の準備ができている必要があります。設計は、生産歩留まりを最適化するために十分に「テスト可能」である必要があります。

Design-for-Test(DfT)ガイドラインと分析ツールは、設計エンジニアが余分な設計時間を費やすことなく、テスト可能な設計を作成するのに役立ちます。

プロトタイプのデバッグ中に、JTAG /バウンダリスキャンツール(JTAGハードウェアデバッガー)は、設計エンジニアが設計の問題に集中し、不十分なはんだ付けやその他のアセンブリエラーによって引き起こされた配線の問題を見つけるために、貴重な時間が失われることを回避するのに役立ちます。

基板のデバッグ

新設計の基板をデバッグする際にエラーが表示された場合、ハードウェア・デバッグツールは、設計の問題や、はんだ付けされていないデバイスピンなどの接続の欠落が誤動作の原因であるかどうかを判断するのに役立ちます。

JTAG Technologies社のハードウェア・デバッグツールは、JTAGデバイスのバウンダリスキャン機能を利用して基板のデバッグを行うことができます。 JTAG ProVisionやJTAG Live Studioに付属するBuzzとBuzzPlusを使用すると、信号のアクティビティを監視し、接続を呼び出し音で鳴らすことにより、接続の存在をインタラクティブに確認できます。

Clip / ActiveTestを使用して、JTAGデバイスのピンに接続された非JTAGデバイスの入力と出力を駆動および検出します。

そしてCoreCommanderは、組み込みソフトウェアやファームウェアを必要とせずに、マイクロプロセッサまたはマイクロコントローラとメモリおよびI/Oデバイス間の接続を高速で検証するために、役立ちます。

デバイスプログラミング

製品開発中に、これらのデバイス用にデザインステーションが提供するハードウェアとソフトウェアを使用してFPGAとCPLDをプログラムします。フラッシュメモリとマイクロコントローラ/ DSP(組み込みフラッシュ)は、組み込みソフトウェアを開発およびデバッグするためのツールを使用してプログラムされます。当社の「インシステムデバイスプログラミングガイド」は、スループットを向上させ、製造プロセス中の利便性を向上させるための貴重な情報を提供します。

ハードウェア

JTAG Live Studioには、1のTAP(Test Access Port)との接続機能を内蔵した、JTAG Live controllerが付属しております。また、別売りのJT3705/USBコントローラを購入して頂ければ、2つのTAPに接続することが可能です。更に、オプションとして、JT2111 DIOSモジュールを追加して頂く事により、バウダリスキャンを介して、コネクタのピンにアクセスする事もできるようになります。

設計妥当性を最大化

本番環境では、バウンダリスキャン機能を使用してPCBAの製造上の欠陥をテストできます。「ボードDfTガイドライン」のDesign-for-Test(DfT)ルールを適用することにより、ボードのバウンダリスキャン機能を最大限に活用して、設計で達成可能な最大のバウンダリスキャンテスト可能性を実現できます。JTAG Mapsを使用すると、デザインのアクセシビリティ/テスト容易性をすばやく評価できます。

JTAG機能は、「システムDfTガイドライン」で説明されているように、システムレベルでも価値があります。システムレベルでJTAGを考慮して設計された基板とデバイスは、JTAG Technologies社のツールからもサポートされております。

「システムDfTガイドライン」および「ボードDfTガイドライン」の詳細につきましては、「JTAG技術レポート」をご参照ください。

少量生産品のテスト

JTAG ProVisonやJTAG Live Studioに含まれているAutoBuzzを使用することで、少量生産の製品をテストに必要な時間を節約することができます。 AutoBuzzは、正常なボードやボードのネットリストから、バウダリスキャン・セル間の接続の対応を学習し、この学習した接続パターンが他のボードに対して、一致しているか確認する事が可能です。デバイスや、配線に障害が生じているボードでは、バウダリスキャン・セルに対して送受信した信号が、学習したボードと異なるため、異常を検出することができます。また、AutoBuzzテストをボードの他のテストと単一のScriptのアプリケーションの一部として他のテストと組合わせて実行を自動化することでさらに時間を節約する事もできます。

JTAG Live StudioのScriptでは、JAM、STAPLまたはSVF playerを利用する事で、ボードに実装されているFPGAに対し、開発ツールによって生成されたFPGAのイメージ・ファイルのプログラミング(書込み)を自動化することもできます。

JTAGテスト

JTAGテスト

お知らせ

PAGETOP