システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

新製品情報

ピカリング インターフェース社の新製品情報

PXI/PXIeマイクロ波マルチプレクサモジュールが67GHzまでの帯域に対応

  • PXI / PXIeマイクロ波マルチプレクサ、デュアルSP6T、67GHz、50Ω(40-785C)

PXIマイクロ波スイッチング製品に、最大帯域幅67GHz非終端マルチプレクサモジュールが追加されました。 こ帯域に対応した製品は、3スロットモジュールのフロントパネルに取り付けられた1つまたは2つのマルチプレクサ、または1つのスロットに1つ、2つ、または3つのリモートに取り付けられたマルチプレクサを備えたSP6TおよびSP4Tバージョンが含まれます。 モジュールはPXIまたはPXIe形式が用意されており、SMA-1.85同軸コネクタが実装されています。こ高周波マイクロ波マルチプレクサの用途は、航空宇宙、軍事および自動車レーダー、高周波通信に加えて5G通信および半導体テスト用のATEシステムです。
– 2021年5月 –

LXI形式のマイクロ波マルチプレクサが67GHzまでの帯域に対応

  • LXIマイクロ波マルチプレクサ、SP6T、67GHz、50Ω、SMA-1.85(60-800-816)
  • LXIマイクロ波マルチプレクサ、SP4T、67GHz、50Ω、SMA-1.85(60-803-816)

LXIマイクロ波マルチプレクサ60-800の対応する周波数帯域が67GHz帯域幅のSP6T非終端の形式バージョンを含むように拡張されました。 さらに、新たに加わった60-803は、SP4T非終端形式のLXIマイクロ波マルチプレクサの、最大帯域幅は67GHzです。 両方の製品は、2Uラックサイズの1〜8マルチプレクサまたは3Uラックサイズの9〜16マルチプレクサが用意されています。 SMA-1.85同軸コネクタによる接続に対応しています。 新しい高周波マイクロ波マルチプレクサの用途には、航空宇宙、軍事および自動車レーダー、高周波通信に加えて5G通信および半導体テスト用のATEシステムがあります。
– 2021年5月 –

モニター機能を備えた新しい範囲のPXI高密度マルチプレクサモジュール

  • PXIモニタ内蔵マルチプレクサモジュール、1極、2A、60W(40-619)

このPXIモジュールは、一般的な単極2A60Wマルチプレクサと同じ機能を備えた上で、マルチプレクサのチャネル状態を確認するためのセカンダリ・リレーが追加されています。すべてのマルチプレクサ・チャネルには、ユーザーが外部測定デバイスを介して、テスト信号を適用する前にチャネルが「開いている」ことを確認できるようにする追加のモニタスイッチが備わっています。マルチプレクサは、16:1から128:1までの9つのスイッチング構成で利用可能であり、テストシステム設計に柔軟性を提供します。250VAC / DCで最大2Aの負荷を切り替えるのに適した高品質のEMR(電気機械式リレー)を使用します。コンパクトなシングル・スロット・フットプリントにより、シャーシ・スロット・スペースを最小限に抑えながら、監視機能を実装できます。
– 2021年3月 –

PXIおよびPXIeフォーマットの新しい高密度、高帯域幅マトリックス

  • PXI / PXIe 32×8高密度マトリックスモジュール、2極、2A(40 / 42-588-222)
  • PXI / PXIe 16×8高密度マトリックスモジュール、2極、2A(40 / 42-588-212)

新しい汎用PXI / PXIeマトリックスは、業界最高の帯域幅を提供します。高密度の16×8または32×82極スイッチング構成で利用できます。選択したパスに応じて35MHz〜70MHzの範囲の帯域幅を提供し、VSWR <1.5:1〜85MHzを提供します。モジュールは2スロットPXI(モデル40-588)またはPXIe(モデル42-588)形式であり、220VDC / 250VACで最大2Aのホットまたはコールドスイッチングが可能な通信グレードのEMR(電気機械式リレー)を使用しています。
– 2021年2月 –

Gen3 PXI Express(PXIe)シャーシ

  • 8スロットフルハイブリッドPXIeシャーシ(42-924)
  • 18スロットフルハイブリッドPXIeシャーシ(42-925)

これらの新しい8スロットおよび18スロットPXIeシャーシは、高性能のベンチトップまたはラックマウントアプリケーション向けに設計されています。どちらのシャーシも、電源電圧、内部温度、および冷却ファンの速度を監視するインテリジェントなシャーシ管理システムを備えています。42-924 8スロットシャーシは、アプリケーションの柔軟性のために7つのハイブリッド互換スロットを提供します。42-925 18スロットシャーシは、1つのPXIeシステムスロット、1つのPXIeタイミングスロット、および16のハイブリッド互換スロットを提供し、同様の汎用性を実現します。3U PXI、PXIe、またはCompact PCI準拠のモジュールは、どのモジュールスロットでも機能します。
– 2020年12月 –

カレント・ループ(電流信号)のシミュレーションに適した新しいアナログ出力モジュール

PXI Analog Output/Current Loop Simulator Module

41-765は、4〜20mAの電流ループを利用する産業用制御アプリケーションの要件を満たすように設計されています。4〜20mAの電流ループ、アナログ出力モジュール、プログラマブルロジックコントローラー(PLC)、産業オートメーション、センサートランスミッター、およびプロセス制御などに使用される、 信号の状態やオープン故障、ショート故障を電気的に再現する機能を提供します。
– 2020年10月 –

PXIパワー・リレー・モジュールに新しい製品が加わりました

PXI Power Relay Module, 10xSPST, 30 Amp
  • PXI SPST 30Aパワー・リレー・モジュール(40-166-001)
  • PXI SPDT 20Aパワー・リレー・モジュール(40-166-101)
  • PXI SP4T 20Aパワー・リレー・モジュール(40-166-201)

EMR(電気機械式リレー)による最小フットプリントで業界最高のスイッチング容量を備えたPXIパワー・リレー・モジュールです。
コンパクトなシングルPXIスロットを使用する40-166は、SPST、SPDT、またはSP4Tスイッチング構成で利用できます。
最大20A(SPDTおよびSP4Tバージョン)または、277VAC(SPST)で30Aの負荷を切り替えるのに適したパワー・リレーにより、最大480VACまたは300VDCの電圧を切り替えができます。
– 2020年10月 –

LVDT / RVDT /レゾルバ・シミュレーター

PXI-RVDT-LVDT-Resolver-Simulator
  • PXI LVDT / RVDT /レゾルバ・シミュレータ・モジュール(41-670)

41-670モジュールは、5/6線式LVDT / RVDTまたはレゾルバの最大4チャネル、または4線式LVDT / RVDTの8チャネルをシミュレートできます。各VDTバンクには、独立した励起入力と、内部で生成された励起信号を使用する機能があります。
同期テストのために、各チャネルへの共有励起信号で動作できます。
0.25 VRMS〜38VRMSの範囲の励起電圧と300Hz〜20 kHzの周波数をサポートするいくつかのモデルが利用可能です。
41-670ファミリは、広範囲のLVDT、RVDT、またはレゾルバをシミュレートできます。
 ●詳しくはこちら – 2020年9月 –

50Ωマイクロ波マルチプレクサ

lxi-36channel-microwave-mux-sma-18ghz
  • LXI 50Ωマイクロ波マルチプレクサ (60-891-001)

60-891-001-001 36チャネルマイクロ波マルチプレクサから18GHzで50Ωの信号をスイッチングするのに適しています。
接続はフロントパネルのSMAコネクタによって行われます。最大4GHzの信号を切り替えることができる50ΩBNCバージョンである60-891-001-002としても入手可能です。
マルチプレクサは、VSWRが低く、アイソレーションが非常に高く、損失が少なく、電力処理が高い、非常に高いレベルのパフォーマンスを備えています。マイクロ波周波数までのHF用の50Ωシステムの切り替えに最適です。2Uのラックスペースを占有し、コンパクトなスイッチングソリューションを提供します。
60-891-001は、ピカリング インターフェス社のターンキーLXIマイクロ波スイッチおよび信号ルーティングサブシステムの一例です。
– 2020年8月 –

最高密度のBRIC PXIマトリクススイッチモジュール 12スロット PXIマトリクススイッチに新しい12スロットBRIC構成が追加されました。

PXI 40-558シリーズ

最大18枚のドーターカードにより、1Aの40-562モジュールは最大で3168のクロスポイントを0.5Aの40-558モジュールは最大で9216のクロスポイントを実現します。
 ●詳しくはこちら – 2020年6月 –

熱電対シミュレータモジュールにノイズ耐性をより高めたタイプが追加されました。

PXI 41-761シリーズ

新しい熱電対シミュレータモジュール(32、24、16または8チャンネル)は、各チャンネルは、±20mVで分解能0.7μV、±50mVで分解能1.7μV、±100mVで分解能3.3μVの出力を提供し、様々な熱電対の種類に対応できます。41-761では、2線式出力でグランドから絶縁することにより、システムにコモンモード電圧が存在する場合でも、正確に低電圧の熱電対をシミュレートできます。 – 2020年2月 –

超高密度 0.5A 大規模 PXIマトリクス・スイッチ – BRIC™

BRIC Ultra-High-Density Large PXI Matrix
  • BRIC Ultra-High-Density Large PXI Matrix (40-558)

40-558は、最大6144のクロスポイントを備えた0.5A / 5Wスイッチングを特徴とする新世代の高密度なBRIC(大規模)マトリックスモジュールです。4mmx4mmの高信頼性ルテニウムリードリレーを使用して構築されており、最大マトリックスサイズは384×16、504×12、768×8および1008×6です。 すべてのバージョンには、サブマトリックスカードとBRICのバックプレーン上のアナログバスの間に自動Yバス分離スイッチがあります。
x8およびx6バージョンには、デュアルアナログバスの汎用性が追加されています。 40-558は、2、4、8個のPXIスロットバージョンで利用可能で、スイッチングシステムの要件に正確に一致する幅広い密度と構成を提供します。 – 2019年8月 –


256本の2極クロスポイントを特長とするマトリックススイッチ

PXI 40-583シリーズ PXI 40-580シリーズ
  • PXI 32×8 High Density 2-Pole Matrix Module (40-580)
  • PXI 64×4 High Density 2-Pole Matrix Module (40-583)

256本の2極クロスポイントを特長とするマトリックススイッチは、最大300VDC / 250VACおよび最大60Wの最大電力に切り替えるために、金メッキの接点の電気機械式リレーを使用しています。最大電流は2A、ホットまたはコールドスイッチングに対応しています。統合されたBIRST自己診断ツールは、各モジュール内のリレー部品の障害を見つけるため、大掛かりな試験装置を必要としない、迅速で簡単な方法を提供します。 – 2019年3月 –

PXIプログラマブル抵抗モジュールの新しいファミリが追加されました

PXI 40-25xシリーズ
  • PXI 2.5W プログラマブル抵抗モジュール (40-251シリーズ)
  • PXI 5W プログラマブル抵抗モジュール (40-252シリーズ)
  • PXI 10W プログラマブル抵抗モジュール (40-253シリーズ)

PXIソリッドステート50Ω終端RFスイッチファミリには、SPDTスイッチ、SP4T、SP6T、SP8TおよびSP16Tマルチプレクサ、および4×4マトリクスモジュールが含まれています。 最新の40-88xAシリーズの高性能スイッチは、10MHz ~ 8GHzの周波数範囲を持ち、使用されないスイッチ・チャンネルの自動終端、最大+ 36dBmの入力電力処理と優れたRF性能特性を備えています。 – 2018年10月 –

PXI RF スイッチが、8GHzまで帯域に対応に

PXI 40-884Aシリーズ PXI 40-883Aシリーズ PXI 40-881Aシリーズ
  • PXI SPDT RF スイッチ, 8GHz, 50Ω, 終端付 (40-880Aシリーズ)
  • PXI 6:1 RF マルチプレクサ, 8GHz, 50Ω, 終端付 (40-881Aシリーズ)
  • PXI 4:1 RF マルチプレクサ, 8GHz, 50Ω, 終端付 (40-882Aシリーズ)
  • PXI 8:1 RF マルチプレクサ, 8GHz, 50Ω, 終端付 (40-883A-001)
  • PXI 16:1 RF マルチプレクサ, 8GHz, 50Ω, 終端付 (40-883A-002)
  • PXI 4×4 RF マトリクス・スイッチ, 8GHz, 50Ω, 終端付 (40-884Aシリーズ)

PXIソリッドステート50Ω終端RFスイッチファミリには、SPDTスイッチ、SP4T、SP6T、SP8TおよびSP16Tマルチプレクサ、および4×4マトリクスモジュールが含まれています。 最新の40-88xAの高性能スイッチは、10MHz ~ 8GHzの周波数範囲を持ち、使用されないスイッチ・チャンネルの自動終端、最大+ 36dBmの入力電力処理と優れたRF性能特性を備えています。 – 2018年10月 –

高密度高精度プログラマブル抵抗の範囲が拡大しました

PXI 40-298-021 PXI 50-298-010
  • PXI 高密度高精度抵抗モジュール (40-298シリーズ)
  • PCI 高密度高精度抵抗カード (50-298シリーズ)

40-298シリーズ&50-298シリーズは、抵抗センサの正確なシミュレーションを必要とする試験などの用途を簡単に実現できる機能を提供します。 さまざまなチャネル数、抵抗範囲、分解能で利用可能で、ほとんどの機能テストシステムのニーズを満たします。 これらは、抵抗センサが温度などのパラメータに関する情報を提供するエンジンコントローラのテストなどのシミュレーションの用途に特に適しています。 – 2018年9月 –

PXI RTD (測温抵抗体) シミュレータ・モジュールの範囲が拡大しました

PXI 40-263-001
  • PXI RTD シミュレータ・モジュール (40-263シリーズ)

40-263シリーズは、PT100、PT500またはPT1000 RTDをシミュレートするコストパフォーマンスの高い方法です。 1つまたは2つのPXIスロットを利用して4,8,12,16,20または24チャネルをサポートします。 また、センサへの誤配線をシミュレートするために、チャネルの回路をショートまたはオープンとして設定することもできます。 このモジュールは、PT100シミュレーションの場合は40Ω ~ 900Ω、PT500シミュレーションの場合は200Ω ~ 4500Ω、PT1000シミュレーションの場合は400Ω ~ 9000Ωの抵抗範囲で利用できます。 40-263シリーズのすべてのバージョンは、測温抵抗体の各規格で約-150℃ ~ +850℃の温度範囲をシミュレートするのに適しています。 – 2018年9月 –

6スロット USB/LXI シャーシ

LXI 60-106-001
  • 6スロット・モジュラ・シャーシ(60-106シリーズ)

6スロット・モジュラ・シャーシ(60-106シリーズ)は、軽量かつ1U形状のため、持ち運びやスペースの限られたラックマウントの用途に最適です。 シャーシには、USBまたはLXIイーサネットを介したリモートコントロール機能があります。 ネットワークを介したリモートコントロールにより、テストシステムのスイッチ機能をターゲット機器に可能な限り近接して配置することができます。 シャーシはスキャン・リスト・シーケンシングとトリガ機能を内蔵したバージョンもあります。 ピカリング社の1000以上の3U PXIモジュールから最大6つのモジュールをサポートする60-106は、小規模なアプリケーションを構築するのに最適なプラットフォームです。 – 2018年9月 –

USB 2.0 Hub モジュール (42-738)

PXIe USB2.0 HUB
  • プログラムからの接続制御に対応した、PXIe USB 2.0 Hub モジュール (42-738)

USB 2.0ハブ(モデル42-738)は、8ポートUSB 2.0ハブとUSBデータ/電源切り替えを組み合わせてバックプレーンとUSB製品間の制御された接続を提供するシングルスロット3U PXIeモジュールです。 各ポートは、電力経路とデータ経路を別々に接続および切断し、さまざまな接続障害をシミュレートできます。 このモジュールを使用することで、PXIeコントローラに実装されたUSBポートに頼ることなく、テスト対象のUSBデバイスまたはUSBテスト機器をテストシステムに接続できるため、テストシステムに独立した給電ハブが不要になります。 また、PXIeベースのテストシステムでサポートされているテスト機器の範囲をUSBパワーメータ、USBデータ集録システム、USBスコープなどに拡張する簡単な方法も提供します – 2018年6月 –

2A版のPXI 障害挿入スイッチ・モジュールの範囲が拡大しました

PXI 40-202-001
  • PXI 障害挿入スイッチ・モジュール 2A版 (40-202シリーズ)

新しいPXI障害挿入スイッチには22チャンネルと11チャンネル版があります。 自動車および航空電子試験アプリケーションでの信頼性テストのための障害条件をシミュレートするように設計されています。 これらは差動信号に適しており、テストフィクスチャとテスト中の機器との間に障害状態を挿入する機能を備えています。 典型的な故障条件には、 オープン回路、信号ペア間のショート、および電源やグランドなどのユーザのフォルト状態へのショートが含まれます。 – 2018年4月 –

超高密度1A大規模 PXI マトリクス・スイッチ BRIC

PXI 40-559 BRIC
  • BRIC 超高密度大規模 PXI マトリクス・スイッチ (40-559シリーズ)

40-559は、1A/20Wスイッチできる最大4096クロスポイントを備えた新世代BRICマトリックス・スイッチ・モジュールです。競合製品の2倍の密度を実現しています。 ピカリング・インターフェース社の姉妹会社のピカリング・エレクトロニクス社が製造する高信頼性のルテニウムリードリレーを使用しており、最大256×16,336×12,512×8,672×6および1024×4のマトリクス・サイズが提供されています。 すべてのバージョンにはサブ・マトリクス・カードとBRICのバックプレーン上のアナログバスの間に自動Yバス分離スイッチがあり、x8、x6、およびx4バージョンにはデュアル・アナログ・バスによる汎用性が追加されています。 40-559はPXIスロットを2、4、8個利用するバージョンが提供されており、スイッチのシステム要件に完全に一致するように幅広い密度と構成を提供します。 – 2017年9月 –

4スロット USB/LXI モジューラ・シャーシ

4 Slot LXI
  • 4スロット USB/LXI モジューラ・シャーシ (60-105シリーズ)

4スロット・モジュラ・シャーシは小型の軽量形状のため、ポータブル、ベンチトップ、スペースに制限のある用途に最適です。 デスクまたはラックマウント用に設計されており、USBまたはLXIイーサネットを介した制御が可能です。 ネットワークを介したリモートコントロールにより、テストシステムのスイッチング機能をターゲット機器に可能な限り近接して配置することができます。 60-105は、1000種類以上の3U PXIモジュールから最大4つのモジュールをサポートし、小規模なアプリケーションを構築するのに最適なプラットフォームです。 – 2017年9月 –

PXI マイクロウェーブ・マルチプレクサ・モジュールの範囲が拡大

PXI 40-785B-522
  • PXI 50GHz対応 マイクロウェーブ・マルチプレクサ・モジュール (40-785Bシリーズ)

PXIマイクロ波マルチプレクサに50GHz対応の40-780Bが加わりました。 6チャネル50Ωのマルチプレクサを1つ、または2つ、フロントパネルに直接マウントした3つのPXIスロットを占有形式と、 最大3台のリモートマウントされたマルチプレクサをサポートできるシングルスロットバージョンも用意されています。 すべてのバージョンで、チャネル設定を示すフロントパネルLED付属します。 – 2017年8月 –

ひずみゲージシミュレータの種類が拡大

PCI Strain Gauge Simulator PXI Strain Gauge Simulator
  • PXI ひずみゲージシミュレータ・モジュール (40-265シリーズ) – 2チャンネル、4チャンネル版が加わりました。
  • PCI ひずみゲージシミュレータ・カード (50-265シリーズ) – 2チャンネル、4チャンネル版が加わりました。

ピカリング・インターフェース社の既存の6チャンネル・ひずみゲージ・シミュレータ・モジュールに、2チャンネルと4チャンネル版が加わりました。 このモジュールは、様々なひずみゲージの動作をシミュレートするために設計されており、350Ω、1kΩ、1.5kΩ、2kΩ、3kΩの標準ブリッジインピーダンスで利用できます。 ひずみゲージ・メーターや幅広い産業用制御システムのテストに最適です。 – 2017年2月 –

高密度2A PXI マルチプレクサ・モジュールの範囲が拡大

高密度2A PXI マルチプレクサ・モジュール
  • 高密度2A PXI マルチプレクサ・モジュール (40-614シリーズ)

40-614シリーズでは20種類の構成が提供されます。各チャネルには最大2Aで最大300VDC / 250VACの電流を切り替えることができる高品質の電気機械式信号リレー(EMR)を使用しています。
ピカリングインターフェース社のeBIRSTスイッチングシステムテストツールによる故障診断にも対応します。
このマルチプレクサは、ATEおよびデータ収集システムの信号ルーティングに適しています。 フロントパネルのユーザー接続は、160ピンDIN 41612コネクタを使用しており、ピカリング社では、接続ケーブルの組配も承っております。 – 2017年1月 –

2スロット USB/LXIモジュラ・シャーシ

2スロット USB/LXIモジュラ・シャーシ
  • 2スロット USB/LXIモジュラ・シャーシ (60-104)

2スロットUSB / LXIモジュラ・シャーシは、小型で軽量な形状のため、ポータブル、ベンチトップ、スペース制限がある用途に最適です。
シャーシは、机またはラックマウント用に設計されており、USBまたはLXIイーサネットによるリモートコントロールが可能です。 ネットワークを介したリモートコントロールにより、テストシステムのスイッチング機能をターゲット機器に可能な限り近接して配置することができます。 60-104は、Pickeringの1000以上の3U PXIモジュールを最大2枚までサポートしており、小規模なアプリケーションを構築するのに最適なプラットフォームです。 – 2016年9月 –

PXI 熱電対シミュレータ・モジュール

PXI 熱電対シミュレータ・モジュール
  • PXI 熱電対シミュレータ・モジュール(41-760シリーズ)

41-760シリーズ PXI 熱電対シミュレータ・モジュールは、ECUテストなどのアプリケーション用に熱電対の代わりの動作をさせるのに理想的です。
8または16、24、32チャンネルの選択肢があり、2つのコネクタピン間に0.7μV分解能で±20mV、1.7μV分解能で±50mV、3.3μV分解能で±100mVの低い電圧出力を提供し、ほとんどの熱電対タイプを網羅します。 また、ピカリング社では、コネクタ・ケーブルの作成も承っております。 – 2016年9月 –

PXI 高密度 マトリクス・スイッチ・モジュールに新しい製品が加わりました

PXI 高密度 マトリクス・スイッチ・モジュール (40-520ファミリ)
  • PXI 高密度 マトリクス・スイッチ・モジュール (40-520ファミリ)

新しいPXI 40-520モジュールファミリは、22種類の構成と最大256のクロスポイントを持つ高密度マトリクスであり、多種多様なユーザ要件に対応します。 6つのバス幅(x16、x12、x8、x6、x4、x2)から選択することができます。 低電圧でスイッチング性能と優れた接触抵抗の安定性を備えた、非常に長寿命なピカリング・エレクトロニクス社製の計装品質のリードリレーを使用したコストパフォーマンスに優れた製品です。また、モジュール内のリレー障害を迅速かつ簡単に検出する方法を提供するBIRST(Built-in Relay Self-Test)機能を内蔵しています。また外付け方式のeBIRSTスイッチング・システム・テストツールにも対応しています。 – 2016年6月 –

高密度 PXI パワー・リレー・モジュール

高密度 PXI パワー・リレー・モジュール (40-100-001)
  • PXI 2A 高密度 パワー・リレー・モジュール (40-100シリーズ)

このモジュールは83個のSPDTリレーで構成され、ピカリング社の52 SPDTモジュール(モデル40-139シリーズ)の代わりに、高密度で2Aが必要となるアプリケーション向けに設計されています。 非常に高密度のパワー・スイッチが必要とされる用途に適しています。 2Aの電流容量と200VDC / 140VACまでの電圧に対応し、フロントパネルには500ピンSEARAY高密度コネクタが実装されています。 – 2016年5月 –

PXI RFスイッチに50Ω 600MHz範囲のマルチプレクサが加わりました。

PXI RF 50Ω 600MHzのマルチプレクサ 40-762-002 PXI RF 50Ω 600MHzのマルチプレクサ 40-762-004
  • PXI RFスイッチに50Ω 600MHzのマルチプレクサ (40-760シリーズ)

新しいPXI RFマルチプレクサ(40-760シリーズ)は、デュアル、クワッドおよびオクタルSP4T、シングル、デュアルおよびクワッドSP8T、シングルおよびデュアルSP16TおよびSP32T構成で利用できます。
すべての構成で、テストシステムのパフォーマンスを低下させる電圧定在波比(VSWR : Voltage Standing Wave Ratio)への影響を管理するために自動終端付きのバージョンも提供しています。
PXI RFマルチプレクサのこのバージョンのすべてのバージョンは、最新のRFリレーテクノロジを使用することで、挿入損失とVSWRが低く抑えられています。 各バージョンは600MHzの周波数に対する優れた再現可能なRF特性を保証するよう注意深く設計されており、各パスは等価回路上等しい挿入損失を備えています。 – 2016年4月 –


※ 本ページの情報はピカリング・インターフェース社の更新日を基準としているため、弊社の実際のページに掲載した日付とは一致しておりません。

PXI/LXI自動テストシステム

PXI/LXI自動テストシステム

お知らせ

PAGETOP