システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

PXI RTD シミュレータ モジュール

PXI RTD シミュレータ モジュール

  • 最大18チャンネルの高精度RTD(測温抵抗体)シミュレーション
  • PT100、PT500、またはPT1000用
  • 抵抗値の呼び出しによる単純な制御
  • 高精度かつ細かな抵抗値の制御
  • ショートおよびオープン状態のシミュレーション
  • 外部DMMによる単純なキャリブレーション
  • Windows向けVISA,IVIおよびカーネルドライバを提供
  • PXIまたLXIシャーシ対応
  • 3年保証

PXI RTD シミュレータ モジュール 概要

40-262は、6(1スロット)、12または18チャンネル(2スロット)のRTD(測温抵抗体)をシミュレーションできる3UサイズのPXIモジュールです。
40-260 PXI 高精度抵抗の設計に基づくこのRTDシミュレータ・モジュールは、<8mΩ(PT100)または<90mΩ(PT1000)の分解能で、全てのチャンネルを0.1%の精度で設定できます。
各シミュレーションのチャンネルはセンサーの配線に対して、障害が発生した状態を再現するために、ショートまたはオープンの設定にする事ができます。
キャリブレーションポートに高性能なDMMを接続しソフトウェアパッケージ利用することで各抵抗チャネルのキャリブレーションや検証ができます。
各モジュールはそれぞれの規格に最適な抵抗値の範囲をサポートします。

  • 40-262シリーズ
    • PT100シミュレーション用モジュール(40-262-001/201/101) :90Ω~250Ω
    • PT1000シミュレーション用モジュール(40-262-002/202/102):900Ω~2500Ω

この抵抗値は、約-25℃~410℃までの温度範囲をシミュレートするために最適な値です。
プログラムでは単純に抵抗値を指定する方法や温度から抵抗値の指定に変換するAPIも利用できます。
各チャネルは、定義された同相電圧に対して±15Vを超える差動入力電圧範囲で動作することができます。 同相電圧が0V場合(入力範囲は±15V以内)、+12V場合(入力範囲は-3V~ +27V)、-12V場合(入力範囲は-27V~ +3V)

また、より温度範囲の広い約-150℃~850℃までシミュレートするために最適な抵抗値の(40-263シリーズ)を用意しています。

  • 40-263シリーズ
    • PT100シミュレーション用モジュール(40-263-x01) :40Ω~900Ω
    • PT500シミュレーション用モジュール(40-263-x02) :200Ω~2400Ω
    • PT1000シミュレーション用モジュール(40-263-x03):4000Ω~9000Ω

PXI RTD シミュレータ モジュール

型番をクリックすると英国ピカリング社のページを開きます。

PXI RTD シミュレーター モジュール (約-25℃~410℃までの温度範囲用) 製品一覧





















PT100
90Ω ~ 250Ω
<8mΩ 18 ch 100mW EMR 15W D-Type
&
9W D-Type
2 40-262-001
12 ch 40-262-201
6 ch 1 40-262-101
PT1000
900Ω ~ 2.5kΩ
<90mΩ 18 ch 2 40-262-002
12 ch 40-262-202
6 ch 1 40-262-102
PXI RTD シミュレーター モジュール (約-150℃~850℃までの温度範囲用) 製品一覧





















PT100
40Ω ~ 900Ω
<10mΩ 24 ch 100mW EMR 15W D-Type
&
9W D-Type
2 40-263-001
20 ch 40-263-101
16 ch 40-263-201
12 ch 40-263-301
8 ch 1 40-263-401
4 ch 40-263-501
PT500
200Ω ~ 2400Ω
<50mΩ 24 ch 2 40-263-002
20 ch 40-263-102
16 ch 40-263-202
12 ch 40-263-302
8 ch 1 40-263-402
4 ch 40-263-502
PT1000
400Ω ~ 9000Ω
<100mΩ 24 ch 2 40-263-003
20 ch 40-263-103
16 ch 40-263-203
12 ch 40-263-303
8 ch 1 40-263-403
4 ch 40-263-503

SWの種類:
 EMR = メカニカル・リレー、 Reed = リード・リレー、Solid State = 半導体リレー
スロット数:
 モジュールが占有するPXIスロットの数

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

お知らせ

PAGETOP