システムに挑戦する アンドールシステムサポート株式会社

MENU

プログラマブル抵抗の用途

プログラマブル抵抗の用途

プログラマブル抵抗は、自動テスト、検証およびシミュレーションシステムの構築などの多くの用途で利用されています。

ひずみゲージのシミュレーション

ひずみゲージは、システムが機械的に構成部品に掛かる張力や圧力を計測するために利用されます。
ひずみゲージをシミュレーションするためには、高い精度と温度安定性を有する極めて微細な設定可能な分解能を必要とします。

  • PXI ひずみゲージ・シミュレーター モジュールの製品情報は こちらから
ひずみゲージシミュレータ

6チャンネルのキャリブレーション機能付きひずみゲージシミュレータ 内部ブロック図

温度センサーのシミュレーション

正または負の温度係数を持ったサーミスターなどの温度センサーに対する抵抗値の変化をシミュレートします。
巻線や薄膜の測温抵抗体(RTD)は、高い解像度の設定が要求されるPT100とPT1000両方の種類をシミュレートできます。

  • PXI RTD シミュレーター モジュールの製品情報は こちらから

圧力センサーのシミュレーション

航空宇宙産業で利用される高度計などの気圧センサーの変化をシミュレートするために利用する事ができます。

最適な抵抗値の選択

量産試作時のテスト環境で、製品の部品定数を最適化するためにプログラマブル抵抗を利用できます。

負荷抵抗

外部負荷の接続が必要な回路の検査に利用できます。

位置センサーのシミュレーション

自動車のスロットルの位置センサーには、通常、回転式、直動式のポテンショメータが使われています。ポテンショメータに対する変化をシミュレートさせることができます。

スイッチのシミュレーション

自動車のECU(エンジンコントロールユニット)テストの用途で摩耗または汚染されたスイッチの接点をシミュレートするために使用することができます。

フォルト・インサーション

航空機や自動車制御システムの耐障害性をテストする際に、回路に障害が発生した状態を再現するために使用することができます。

ピカリング社のプログラマブル抵抗ソリューションについて

プログラマブル抵抗は、抵抗値を制御する事により、実際の負荷やセンサーの代わりをします。
130枚を超えるPXIモジュールと120枚を超える様々な機能を持ったPCIカードを提供しています。

プログラマブル抵抗
  • 1つPXI/PCIスロットで最大18チェンネル
  • 抵抗の範囲は1Ω~22MΩ
  • 分解能は最小2mΩで最小精度は0.03%まで
  • PXIモジュールはピカリング社のLXIシャーシに対応しています。
  • コネクタとケーブルの組配のサービスも提供しています。

プログラマブル抵抗についてより詳しい情報をピカリング社のナレッジベースから知ることができます、また、ピカリング社にコンタクトしてスイッチの専門家により詳しい情報を求める事もできます。

ピカリング社のプログラマブル抵抗の範囲と基本仕様にケーブルオプションの情報を一枚のシートにまとめた、「プログラマブル抵抗マップ」も提供しておりますので、お気軽にお問合わせください。

  • PXI プログラマブル抵抗 モジュールの製品情報は こちらから

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

PXI / LXI / GPIB 自動テストシステム

お知らせ

PAGETOP